意外と見られている!? キレイな指先を手に入れる3つのポイント

a0001_016456_m

ヘアスタイルはバッチリなのに、爪が傷んでボロボロという惜しい方をたまに見かけます。
本人が思っている以上に周囲に見られているものなのです。
どんなに髪をきれいに整えていても、細部の詰めが甘いだけで「だらしないヒト」というイメージを与えかねません。
これってとてももったいないですよね。。。

逆にふと見かけた手先や爪がキレイな人って「清潔」だとか「女子力高そう」という好印象につながりやすいのです。
指先はそれぐらい重要なパーツなので、決してないがしろにはできません。
今回は爪をきれいに見せるポイントをご紹介します。

爪の縦スジを見せるべからず

爪の状態が悪いとみられるのが「白っぽい縦スジ」です。これは爪の水分量が不足して乾燥していると起きやすい現象です。皮膚のシワにも似た現象で老化しているとも言えます。肌と同じように保湿で表面をケアしてあげることで解消もできます。また爪磨きなどでコマめにお手入れしてあげるのも効果的です。

正しい爪切りをするべし

長くなった爪を無造作に切るだけと思われがちですが、爪きりの方法もとても重要なポイントです。乾燥した状態で爪を切ると傷みやすく、切り口もギザギザになりやすくなります。先に保湿してあげるだけでも爪へのダメージが減り、キレイな状態で切ることができます。また細部は爪やすりで仕上げてあげましょう。
一度に切り過ぎてしまわないように、1~2mmずつ切っていくのも効果的です。

マニキュアにご注意!

最近では一般的になってきたネイルカラー・マニキュアなどですが、爪の上に塗ること自体はさほど影響はありません。
爪へのダメージが大きいのが、塗った液を落とすためのリムーバー(除光液)です。これらには刺激の強い成分が含まれているため、頻繁に使用しすぎると爪を痛めることになってしまいます。
そのため、ネイルアートを楽しむ際は、頻繁に落とさずに、きっちりケアをして長持ちさせることが爪の保護にも役立ちます。

今まで無造作に爪をケアしていたアナタ。これらを実践するだけで女子力の高い指先を手に入れることができますよ。
美容室COTOでも爪のお手入れの相談も受けております。お気軽にご来店ください。